中原建設株式会社 新卒採用サイト ロゴ

ENTRY エントリー

HISTORY

中原建設のこれまでの歩み

― 創業期 ―

1940s

  • 1941年

    創業者‧中原政次、東京都北区滝野川に「中原組鋼材製作所」を創業。当時はまだ珍しかったスチール加⼯の建具の製作や取り付けを始める。

  • 1948年

    戦後の混乱を経て、埼玉県蕨市で「中原組鋼材蕨製作所」「中原組蕨営業所」として事業を再開。

  • 1949年

    埼玉県川口市に「中原組土木建築事務所」を創業。これにより当社の建設業としての歴史が始まる。

1950s

  • 1959年

    伊勢湾台⾵の復旧⼯事へ出動。⼤型重機を駆使し、災害復旧を⾏った。

1960s

  • 1962年

    中原土木建築事務所改組(株)関東丸政中原組 創立。

    川口市柳崎5丁目に⼿動式によるアスファルト合材プラントを設置。道路舗装分野へ事業参⼊。⾃動⾞の普及やオリンピック景気と相まって、舗装⼯事の実績を多く残す。

― 成長期 ―

1970s

  • 1971年

    川⼝事業所を開設。川⼝市新郷⼯業団地に、アスファルト合材プラントを新設する。

  • 1977年

    中原建設株式会社へ社名を変更し、現在に⾄る。

  • 1979年

    本社屋を川口市柳崎(現在地)に移転。

1980s

  • 1981年

    構造物⼯事の先駆けとなる⾏衛1号橋⽴体交差下部⼯事を受注。この実績により⼤型コンクリート構造物の受注が拡⼤していく。

  • 1983年

    リサイクル業として再⽣⾻材プラントを新設。コンクリート塊を受け⼊れて、破砕し再⽣⾻材として販売を開始。

― 成熟期 ―

1990s

  • 1994年

    本社新社屋ビル完成。

    CI(コーポレートアイデンティティ)を導⼊。現在のロゴマーク、企業理念を制定する。

2000s

  • 2005年

    現在の柳崎事業所を関東瀝青工業㈱から購入。川口市内に合材プラント2基を擁する。

― 第⼆創業期 ―

2010s

  • 2013年

    東⽇本⼤震災の復興作業として宮城県東松島市を中⼼に技術者を派遣。
    ●メガソーラー設置事業
    ●東⽮本駅観光拠点事業
    ●⼭元町街づくり事業に従事

  • 2016年

    ICTの技術を活⽤した⼟⽊技術を推進。現場⾒学会なども積極的に開催し、広く⼟⽊⼯事の魅⼒を伝えている。

  • 2019年

    管更生グループ・総務人事グループ 広報企画チーム 発足。

  • 2019年

    台風15号による災害復興のため千葉県に技術者を派遣。県内外の復興支援を精力的に行っています。